VOL.24
減量手術により男性のテストステロンレベルが上昇
 
減量手術により男性のテストステロンレベルが上昇する。

この研究は、2007〜2010年の間、肥満クリニックに通う75人の肥満男性患者に、
ホルモン検査と体脂肪測定、アンドロゲン、
男性ホルモン欠乏の質問票(勃起障害と性衝動低下の調査も兼ねる)を
実施して行われた。

75人のうち54人がアンドロゲン欠乏の徴候と症状があり、
27人は低テストステロン値であった。
BMI、腹囲、体脂肪が高い人は、テストステロン値も低かった。
減量手術を受けた17人の男性の体重は、平均90.2ポンド減少し、
手術の1年後にはテストステロン濃度はかなり増加して正常値範囲内に入っていた。

「病的に太りすぎの男性は、テストステロン欠乏症、
または低テストステロン、性機能不全とされるが、
これらの問題は、体重を減らすことで治療可能だということだ」と、ブリュッセルのルヴェン大学のThissen教授は述べている。

The Endocrine Society's 93rd Annual Meeting
(第93回 米国内分泌学会年次総会2011年6月4−7日 ボストン)
ENDO 2011:The 93rd Annual Meeting & Expo
 
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ