VOL.8
テストステロンと死亡リスク  
Low serum testosterone levels are associated with increased risk of mortality in a population-based cohort of men aged 20-79.
Author: Haring R, et al.
Journal: Eur Heart J. 2010 Feb 17.
Abstract:
Although the association of low serum testosterone levels with mortality has gained strength in recent research, there are few population-based studies on this issue. This study examined whether low serum testosterone levels are a risk factor for all-cause or cause-specific mortality in a population-based sample of men aged 20-79. Methods and results We used data from 1954 men recruited for the population-based Study of Health in Pomerania, with measured serum testosterone levels at baseline and 195 deaths during an average 7.2-year follow-up. A total serum testosterone level of less than 8.7 nmol/L (250 ng/dL) was classified as low. The relationships of low serum testosterone levels with all-cause and cause-specific mortality were analysed by Cox proportional hazards regression models. Men with low serum testosterone levels had a significantly higher mortality from all causes than men with higher serum testosterone levels (HR 2.24; 95% CI 1.41-3.57). After adjusting for waist circumference, smoking habits, high-risk alcohol use, physical activity, renal insufficiency, and levels of dehydroepiandrosterone sulfate, low serum testosterone levels continued to be associated with increased mortality (HR 2.32; 95% CI 1.38-3.89). In cause-specific analyses, low serum testosterone levels predicted increased risk of death from cardiovascular disease (CVD) (HR 2.56; 95% CI 1.15-6.52) and cancer (HR 3.46; 95% CI 1.68-6.68), but not from respiratory diseases or other causes.
Conclusion Low serum testosterone levels were associated with an increased risk of all-cause mortality independent of numerous risk factors. As serum testosterone levels are inversely related to mortality due to CVD and cancer, it may be used as a predictive marker.
コメント:
加齢男性でのテストステロン減少は、抑うつ状態、性機能低下、認知機能の低下、骨粗鬆症、心血管疾患、内臓脂肪の増加、インスリン抵抗性の悪化、HDLの低下、コレステロール値とLDLの上昇に寄与し、メタボリック症候群のリスクファクターになる。さらに心血管系疾患、糖尿病、呼吸器疾患のリスクを高め、寿命に関係することが知られている。

健常者においてテストステロンが低値であること自体が、疾患リスクや寿命に関する独立した危険因子であるかどうかについては、必ずしも意見の一致は見ていない。これまで大規模な横断的、あるいは縦断的コホート研究がなされているが、血液中のテストステロン、あるいはフリーテストステロンが低値であると、心血管疾患、がん、肺疾患の罹患率、死亡率が高いという報告と否定的な報告がある。これらの研究での問題点としては、そもそも何かしら疾患があることにより、テストステロン値が下がっていることから、見かけ上テストステロン値と、死亡率、罹患率が関連しているように見えてしまう、いわゆる「逆の因果関係」が生じる問題がある。

この論文のThe Study of health in Pomerania (SHIP)研究は、組み入れ対象基準、解析における交絡因子の調整がもっとも厳密になされている。テストステロン値を250 ng/dLをカットオフにしたときに、年齢、腹囲、喫煙、アルコール多飲、運動、腎機能、血清DHEAS値で調整した場合に、すべての原因の死亡リスクが92%、心血管疾患死亡が156%、癌死亡が246%増加することを報告している。テストステロン低値群は全体の5.0%であったが、特徴として喫煙者は少ない一方、高血圧、糖尿病、メタボリック症候群者が多く、運動を定期的にしているものが少ない特徴がみられた。また20−59歳と60−79歳、テストステロン値が低い群、高い群の組み合わせでは、60−79歳でテストステロンが低い群で死亡リスクが有意に上昇していた。



以上の結果から、テストステロン値は性腺機能低下症の一般的な基準である、250 ng/dL以下でありかつ60歳以上では死亡リスクが高まることが予想される。

テストステロンは健康長寿の前向きのバイオマーカーであることが明らかになった。

ただしテストステロンの低値そのものが疾患を起こすかどうかについては、高齢者の低テストステロン群に二重盲検試験でテストステロン補充を長期間行う臨床研究が、期待される。
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ