VOL.10
長寿の鍵は、mTORとAMPKの抑制?  
Aging ― Lost in Translation?
Author: Kapahi P, Vijg J
Journal: N Engl J Med 361:2669, December 31, 2009 Clinical Implications of Basic Research
Abstract:
Extending the span of a healthy life has fascinated humanity ever since Gilgamesh failed to prevent his dying friend Enkidu from descending into the horrific netherworld, as described in the epic poem from ancient Iraq. Recent discoveries in the research on aging suggest that modern science is more adept at keeping aging at bay ― at least temporarily and thus far only in worms, flies, and rodents1 ― than at halting it completely. A recent study by Selman and colleagues2 has identified ribosomal protein S6 kinase 1 (S6K1) as a molecular player in the aging game.
コメント:
NEJMのClinical Implications of Basic ResearchあるいはMechanisms of Diseaseはわかりやすく最先端のサイエンスと臨床のつながりをコンサイスでまとめてくれるのでありがたい。
この短いエッセイは、代謝に関わる蛋白の翻訳活動が結局老化につながる話である。
カロリー制限をすると長寿になることは既に知られている。カロリー摂取に伴いエネルギーをからだが生み出すと活性酸素が出て、老化を早めるが、ではカロリー摂取により糖質を代謝するインスリンはどう関与していくのか?そこで登場するのはmTORとAMPA。mTORはインスリンが出ることで働き、細胞増殖の鍵となる蛋白で、われわれの領域でも、移植後の拒絶反応を抑制したり、また転移した腎細胞がんの分子標的薬として、既にこのmTORを抑える薬剤が臨床で使われている。
驚くべきことにこのmTORを抑えると実験動物で長寿を得ることがわかってきた。1) さらにmTORはAMPAという細胞内のエネルギー量のセンサーとなる蛋白の働きを抑えてしまうが、糖尿病薬のメトフォルミンは、AMPA活性を上げることで、同じように寿命を延ばすことも報告されている。2)
腹八分目と運動が長寿をもたらすメカニズムが急速に解明されつつある。

1.Harrison DE, Strong R, Sharp ZD, et al. Rapamycin fed late
in life extends lifespan in genetically heterogeneous mice. Nature
2009;460:392-5.
2. Anisimov VN, Berstein LM, Egormin PA, et al. Metformin
slows down aging and extends life span of female SHR mice.
Cell Cycle 2008;7:2769-73.
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ