VOL.03
ライフスタイルがテロメアを長くする!  
Increased telomerase activity and comprehensive lifestyle changes: a pilot study.
Author: Ornish D, Lin J, Daubenmier J, Weidner G, Epel E, Kemp C, Magbanua MJ, Marlin R, Yglecias L, Carroll PR, Blackburn EH.
Journal: Lancet Oncol. 2008 Nov;9(11):1048-57. Epub 2008 Sep 15.
Abstract:
BACKGROUND: Telomeres are protective DNA-protein complexes at the end of linear chromosomes that promote chromosomal stability. Telomere shortness in human beings is emerging as a prognostic marker of disease risk, progression, and premature mortality in many types of cancer, including breast, prostate, colorectal, bladder, head and neck, lung, and renal cell. Telomere shortening is counteracted by the cellular enzyme telomerase. Lifestyle factors known topromote cancer and cardiovascular disease might also adversely affect telomerase function. However, previous studies have not addressed whether improvements in nutrition and lifestyle are associated with increases in telomerase activity. We aimed to assess whether 3 months of intensive lifestyle changes increased telomerase activity in peripheral blood mononuclear cells (PBMC).

METHODS: 30 men with biopsy-diagnosed low-risk prostate cancer were asked to make comprehensive lifestyle changes. The primary endpoint was telomerase enzymatic activity per viable cell, measured at baseline and after 3 months. 24 patients had sufficient PBMCs needed for longitudinal analysis. This study is registered on the ClinicalTrials.gov website, number NCT00739791.

FINDINGS: PBMC telomerase activity expressed as natural logarithms increased from 2.00 (SD 0.44) to 2.22 (SD 0.49; p=0.031). Raw values of telomerase increased from 8.05 (SD 3.50) standard arbitrary units to 10.38 (SD 6.01) standard arbitrary units. The increases in telomerase activity were significantly associated with decreases in low-density lipoprotein (LDL) cholesterol (r=-0.36, p=0.041) and decreases in psychological distress (r=-0.35, p=0.047).

INTERPRETATION: Comprehensive lifestyle changes significantly increase telomerase activity and consequently telomere maintenance capacity in human immune-system cells. Given this finding and the pilot nature of this study, we report these increases in telomerase activity as a significant association rather than inferring causation. Larger randomised controlled trials are warranted to confirm the findings of this study.
コメント:
「がんによい食事」はごまんとあるけれども、一次予防はさておき、できてしまった癌を食べ物でなおすことに賛成する医師はまずいないだろう。これは代替療法のエビデンスが低いこともあるが、結局のところ残念ながら良い結果が出ない患者を、無力感の中で見送ってきた医師にとって、遺伝子の変異で出現したがん細胞は、強力な抗がん剤をもってしてもなかなか消滅しないのに、食べ物ごときで変化するとは思えない、という信念があるからではないだろうか。
代替療法はおそらく効果があるヒトがいるだろうとはみな考えているが、それがだれだかはわからない。現在までのところは伝説であり、エビデンスではないから、価値判断ができない。
この論文はそういった医師の常識を徹底的に覆した、革命的な論文である。
栄養療法のグルである、OrnishとUCSFのスタッフの共同研究で、前立腺癌が発見されながら、PSAをチェックしながら治療を保留しているactive surveillanceの患者に、Ornishが提唱する、ローファット、ローカーボで菜食中心の食事とストレスマネジメントを加えて3ヵ月後に末梢血のテロメレース酵素活性を調べている。
われわれの染色体末端にはテロメアと呼ばれる領域があり、細胞は分裂するとこのテロメアは短くなっていく。そしてある長さまで短くなると細胞は分裂できず生物学的な「老化」になる。
このテロメアの長さは、寿命と関係する。つまり早く短くなると、早死にしてしまう。また恐ろしいことにストレスによっても短くなる。テロメアを再生する酵素であるテロメレース酵素活性が上昇することは寿命にはプラスと考えられている。
このOrnish式生活法で驚くべきことにテロメレース活性は上昇していた。実際前立腺癌を縮小しているかどうかはこの論文では明らかでないが、癌があるからこそ、テロメレース活性は上昇するに越したことはない。PSAが有意に低下したりすれば、おそらくこの治療があらゆる臓器温存療法に取って代わるくらいのインパクトがある。以前Ornishが発表した論文では、この生活法がPSAを低下させる可能性が示唆されている。[Intensive lifestyle changes may affect the progression of prostate cancer. J Urol. 2005 Sep;174(3):1065-9; discussion 1069-70.]
同じコホートで、前後に前立腺の生検を行い、包括的な遺伝子解析も同じグループが行っている。[Ornish D, Magbanua MJM, Weidner G, et al. Changes in prostate gene expression in men undergoing an intensive nutrition and lifestyle intervention. Proc Natl Acad Sci USA 2008;105: 8369–74.]
驚くべきことに前立腺の遺伝子発現も大きく変わっている。この変化は好ましいものかは現時点では不明であるが、「たかが食べ物」が意外に強力であることは、案外医の本質かも知れない。
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ