VOL.7
Focal therapyの可能性と限界  
Focal Therapy for Prostate Cancer: Possibilities and Limitations.
Author: Eggener S, et al.

Journal: Eur Urol. 2010 Mar 26.
Abstract:
CONTEXT: A significant proportion of patients diagnosed with prostate cancer have well-differentiated, low-volume tumors at minimal risk of impacting their quality of life or longevity. The selection of a treatment strategy, among the multitude of options, has enormous implications for individuals and health care systems. OBJECTIVE: Our aim was to review the rationale, patient selection criteria, diagnostic imaging, biopsy schemes, and treatment modalities available for the focal therapy of localized prostate cancer. We gave particular emphasis to the conceptual possibilities and limitations. EVIDENCE ACQUISITION: A National Center for Biotechnology Information PubMed search (www.pubmed.gov) was performed from 1995 to 2009 using medical subject headings \"focal therapy\" or \"ablative\" and \"prostate cancer.\" Additional articles were extracted based on recommendations from an expert panel of authors. EVIDENCE SYNTHESIS: Focal therapy of the prostate in patients with low-risk cancer characteristics is a proposed treatment approach in development that aims to eradicate all known foci of cancer while minimizing damage to adjacent structures necessary for the preservation of urinary, sexual, and bowel function. Conceptually, focal therapy has the potential to minimize treatment-related toxicity without compromising cancer-specific outcome. Limitations include the inability to stage or grade the cancer(s) accurately, suboptimal imaging capabilities, uncertainty regarding the natural history of untreated cancer foci, challenges with posttreatment monitoring, and the lack of quality-of-life data compared with alternative treatment strategies. Early clinical experiences with modest follow-up evaluating a variety of modalities are encouraging but hampered by study design limitations and small sample sizes. CONCLUSIONS: Prostate focal therapy is a promising and emerging treatment strategy for men with a low risk of cancer progression or metastasis. Evaluation in formal prospective clinical trials is essential before this new strategy is accepted in clinical practice. Adequate trials must include appropriate end points, whether absence of cancer on biopsy or reduction in progression of cancer, along with assessments of safety and longitudinal alterations in quality of life.
MRI-driven HIFU
コメント:
日本泌尿器科学会が盛岡市で開催された。全国の泌尿器科医が一堂に会する年1回のお祭りでもある。今年も盛りだくさんの内容で会ったが、前立腺がんのシンポジウムで、Focal therapyについて報告をする機会をいただいた。

Foxal therapyとは、臓器丸ごとに対して、がん病巣のある部分を標的にして結果としてその臓器を温存する治療である。

僕が大学を卒業するころ、胃がんを複雑なレントゲン技術により早期発見して胃を大部分切除することで、早期胃がんの5年生存率100%が達成された、と習った。また乳がんでも、当時は乳房に加えて胸の筋肉も合わせて切除して、かつリンパ節も徹底的に切除する手術が行われていた。
現在では胃カメラが標準的治療になり、胃がんも早期のものは内視鏡で治療される。乳がんも、特定の領域のリンパ節に転移がなければ、部分的な切除あるいは放射線治療で外科治療は終了する。

このようにがん治療は、より遠くまで、より徹底的に、臓器丸ごと摘出していた時代から、リスクに応じて、なるべく臓器を温存する治療に進化している。

では前立腺治療はどうだろう。

現在前立腺がんはすべての病期をあわせても5年生存率がほぼ100%である。したがって、再発、転移リスクが低い小さながんを丸ごと摘出することから、健康リスクとなるがん病巣のみを治療するコンセプトが出るべきである。これがFocal therapyである。
この論文では、Focal therapyの可能性と現在の限界が論じられている。

現在の大きな問題は、画像診断でがんの存在部位を明瞭に、かつ正確に描出できないことにある。われわれはMR spectroscopy (MRS)で、存在診断を行っているが、まだ一般的な診断手法ではない。
また、前立腺がんは、他の癌と異なり、腫瘍として塊を作らずに、霜降り状に分布することもある。このような場合はfocal therapyは不可能である。
Break throughは、診断をしながら治療を同時にできる機器の開発であろう。
MRI-driven HIFU
はまだ途上ではあるが一歩前進である。
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ