BLOG

We THUS=With US

執筆 : 
Shigeo Horie 2011-1-5 23:50
病院の実力などといった新聞や雑誌の企画がある。
手術件数や患者数で病院を評価しているのだが、
その数字には、医療の本質である、誰が医療を担っているのかについては、全く触れられていない。
この誰かは、当然「顔なし」でなく、固有名詞でなければならないから
今度は[名医]を特定しようという発想になる。

どの組織であれ、リーダーシップの実践はまず
集団のリーダーがビジョンを持っているかどうかからスタートするから、
このアプローチはある意味正しいが、
実際の医療の現場は徹底した分業作業が何重にも安全装置をかけて進行していく。
指揮者は必要であるが、指揮者だけではシンフォニーは奏でられない。
楽団の全員がマネジメントをしてこそ、満足いく演奏ができる。

この正月まずスタッフで「もしドラ」を読み込んだ。
われわれの顧客は誰なのか、イノベーションを起こす必要のある点はどこか、
ミッションは何か、議論をスタートした。
チーム医療をより明確な目標へ成長させていく。

まず第一弾としてチーム名 
Teikyo Hospital Urology Service:THUSにWeをつけた、
We THUS=With USをつけてみた。
前病院長が提唱した患者のため、家族のために寄り添う医療にほかならない。

われわれは何によって憶えられるか。
ひたすら真摯に泌尿器科医療を行っていく。
  • トラックバック (0)
  • 閲覧された回数 (1553)

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先アドレスを取得する
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ