掲載日 2015-02-01

対談集:谷垣禎一の興味津々
「対談集:谷垣禎一の興味津々」が、かまくら春秋社より出版されました。

政治家である谷垣禎一氏が、政治、経済、歴史、文学、芸能、医療・・・各分野の賢人12名と対談した内容が掲載されたもの。

完成までに7年を有したようだが、何事にも好奇心旺盛な谷垣禎一氏の一面が垣間見ることができる。

その中の一つ、「時代を先取る医療の現場から」で、順天堂大学泌尿器科主任教授の堀江重郎と対談している。

その内容は、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」から、医療のグローバル化と言葉の壁、男性ホルモンと健康増進までと、実に幅広い。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜以下、抜粋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

谷垣:「ダ・ヴィンチ」手術は、保険適用されているのですか。
堀江:日本では前立腺の手術に関しては、2010年から保険適用が開始されました。
   他の臓器でも有効な手術法なので、医師も患者も保険適用の拡大を期待しています。
   アメリカや韓国では、前立腺のほかに、腎臓や膀胱、大腸、子宮、心臓外科、
   さらには耳鼻咽喉科や形成外科の手術でも「ダ・ヴィンチ」が使われているんです。
   ・・・
   医療機器の価格差は、関税のためだと思っていたのですが、調べてみると
   価格差の原因のほとんどは和訳代でした。
   ・・・
   残念ながら日本の医療機器分野のグローバル化は、
   かなり遅れていると言わざるを得ません。

谷垣:国として今後の成長産業を見つけ、育てていくことはとても大切だと思っています。
   先ほどお話にあった医療ロボットの「ダ・ヴィンチ」はいい例で、
   科学技術や医療技術の開発分野は、
   多くの可能性を持つ成長産業として期待できるでしょう。
   それと同時に社会保障の削減にも努力が必要です。
堀江:これまでは、定年まではとにかく働いて、定年後は余暇を楽しむというのが
   定番でしたが、そこに健康を意識して身体を動かすことを加えれば、
   個人の生活の質も向上しますし、国の医療費も大きく削減できるでしょう。
   こうした個々の意識改革も大切ですし、国としても、国民を健康に導き、
   財政を健全化させる具体的な施策が求められると思います。

谷垣:そもそもは、ただ楽しくて(自転車に)乗っていたのですが、
   自転車は健康面でかなり有効なスポーツだと聞きまして、これはぜひ多くの人に
   お勧めしたいなと思いまして。自転車に限らず、気軽に楽しむことができるスポーツが
   国民のなかに浸透し、結果的に医療費が減って財政が立て直せれば最高です。
堀江:アンチ・エイジング医学の基本は、加齢とともに起こるさまざまな現象を研究し、
   得られた研究の結果から健康長寿を達成するということなんです。
   病気の治療ではなく、予防するということなんですね。
   ですから、自転車は最高のアンチ・エイジングですよ。
   自分に必要な正しい情報を得て、
   それを活用する力のことを「リテラシー」といいますが、
   アンチ・エイジングには「リテラシー」が必要なんです。
   エイジング(老い)は不可避ですが、アンチ・エイジングの主眼は、
   各人がリテラシーを持って活動することにあります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

是非、ご一読ください。


掲載日 2014-01-22

大塚製薬「eライブラリ」大学病院新任教授レポート
第42回 順天堂大学大学院 医学研究科 泌尿器外科学 に掲載されました!
是非、ご覧下さい!

大学病院新任教授レポート



掲載日 2013-10-16

ゲノム情報活用の最前線(螢螢丱優梗膾邸

が、2013/10/12(土)東京大学農学部中島董一郎記念ホールにおいて、
開催されました。

講演は、
1:遺伝子・脳・こころ−マウスの研究からわかったこと
 /藤田保健衛生大学総合医科学研究所 宮川 剛先生
2:ニュートリゲノミクス〜食と健康の遺伝子科学〜
 /東京大学総括プロジェクト機構寄付講座「食と生命」
    加藤久典先生
3:SNPを活用した多因子病関連遺伝子のゲノムワイド探索
  /東京大学大学院医学系研究科 徳永勝士先生
4:病気の克服を実現するゲノム医学
  /東京大学大学院医学系研究科 辻 省次先生
5:全ゲノム時代の情報・数理・統計
  /東京工業大学大学院情報理工学研究科 瀬々 潤先生
6:リテラシー向上に向けたゲノム教育
  /株式会社リバネス 丸 幸弘CEO

と、盛りだくさん、かつ、大変贅沢なセミナーとなりました。

ニュートリゲノミクス〜食と健康の遺伝子科学〜 
/東京大学総括プロジェクト機構寄付講座「食と生命」
加藤久典先生 の内容を簡潔に。。。

・栄養学は今から200年まえから始まり、20世紀の終わりくらい
 から、分子生物学の手法が入ってきた。
 ニュートリゲノミクスは、2000年くらいから言葉が出てきた。
 欠乏の栄養学から、現在は、飽食の栄養学へと変遷している。
・食品の持つ機能は、大きくわけて、一次機能の「栄養」、
 二次機 能の「嗜好性」、三次機能の「生理面」と
 「生活習慣病のリスクを減らす」ものの3つがある。
 三次機能によって、特定保健用食品などが出てきた。
・食品の遺伝子レベルでは、遺伝子(ゲノミクス)
 →転写産物(トランスクリプトミクス)
 →タンパク質(プロテオミクス)→代謝産物(メタボロミクス)と変化する。
 一つではなく、たくさんの遺伝子で徹底的に調べ、食品の
 新規機能性や安全性などを解明することが、
 ニュートリゲノミクスの目的。
・ニュートリゲノミクス2つの柱には、食品成分が生体に及ぼす
 影響の網羅的解析と、個人の遺伝子を調べることで個人に
 あった栄養・テーラーメイドな栄養素を調べるものがある。
・網羅的解析の研究例としては、コーヒーの抗肥満、
 抗糖尿病作用に関するメカニズムの解析、がある。
 疫学的調査によると、コーヒーを飲む人は肥満になりにくい
 という結果が出ている。
 肝臓で何が起きているかを、DNAマイクロアレイ法で、
 トランスクリプトーム解析した。
 PPARγ転写調節因子による転写制御が解明した。
 プロテオミクス、メタボロミクスも組み合わせて解析したところ、
 尿素回路がコーヒーの摂取で活発になり、TCA回路も亢進した。
・個人の遺伝子の違いと食品については、
 アルコールデヒドロゲナーゼの遺伝子の違いで、
 お酒の強さが変わる、というようなもの。
・何をどれだけ食べれば良いかという研究については、
 ビタミン(葉酸)必要量には個人差があるため、
 血中の葉酸濃度を調べて、摂取量を変えるという内容。
 ビジネスでは、DHCはサプリメントを紹介し、
 Genoffは個人によって栄養指導をしている。
・遺伝子多型との関係が示されている項目も数多く解明した。
・生体内の分子の情報を分析することで、個人の
 テーラーメイド栄養素の考え方が活発になってきている。
 
 東京大学総括プロジェクト機構総括寄付講座「食と生命」
                                                 


掲載日 2013-09-24

10/12(土)19:56-20:54
日テレ、「世界一受けたい授業」
堀江重郎が出演しました。


(1) 2 3 4 ... 7 »
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ