「“場”と戦略−がん治療新時代」
掲載日 2010-03-23

帝京大学で毎月開催されているがんセミナー。
3月は、帯津良一先生をお迎えして、医療従事者と一般の方々が一緒に、お話をお伺いしました。

BLOGもご覧下さい⇒「Blog:がん治療“場”と“戦略”」

帝京がんセミナー
「“場”と戦略−がん治療新時代」

日時:2010/03/04(木) 19:00-20:00
場所:帝京大学新本部棟2F臨床大講堂
講師:帯津良一先生(医療法人直心会帯津三敬病院 名誉院長)

内容:

ホメオパシーは非常にホリスティックな治療法で、ホリスティックを目指す者にとっては、よけて通れない療法だと思います。『代替医療のトリック』(サイモン シン著)という本を読んでみたところ、「ホメオパシーはプラシーボ効果に過ぎない」と記載されています。また、鍼灸については多少好意的に書かれてありましたが、最終的にはプラシーボ効果であると書かれていました。

鍼灸については、中国4000年の歴史があり、携わっているかたも多数いらっしゃいます。代替医療はプラシーボ効果に過ぎないというのは、大きな間違いであり、医療と代替医療は異なります。「医学」であればこれは代替療法の入るすきはありませんが、「医学」と「医療」とは違います。

プラシーボというのは「医療という場の自然治癒力」のことではないかと考えています。自然治癒力は、ヒポクラテスの時代から取り上げられているのに、未だ正体がつかめないもので、これは一体何であるかと、長い間考えられてきたものです。「最高の治療法とは、最小の侵襲で、最大のPlacebo効果をもたらす方法である」(Andrew Weil)という言葉があります。私もこの年齢になると、出来るだけPlacebo効果の高い方法を選択したいと思います。

医学は科学ですが、医療とはひとつの“場”の働きだろうと考えます。戦争でいうと、医療(Medical Field)とは、最前線(The flont)、医学(Medicine)とは、兵站部(Logistics)です。湾岸戦争の時にラムズフェルド国防長官が「戦争というのは攻め込みさえすればよいのではなく、攻め込みながら後方の基地を築かなければならない。そうでなければ、後方の基地から安心して最前線に物資を運ぶルートを確保しなければならない。戦争というのは、そういうものだ。」と言っているのを今でも思い出します。プラシーボ効果というのは、兵站部では必要がありませんが、医療の最前線では、一つ一つの武器の性能を統合して一つの戦略を行うものですから、プラシーボ効果も必要です。

統合医学は病というステージの方法論の問題です。ホリスティック医学というのは、人間を丸ごとつかむもので、生老病死、死後の世界まで全てを対象とします。対象の広さが、統合医学とホリスティック医学では異なるのです。統合医学の流れは、世界的なものなので、統合医学が形を成せば、ホリスティック医学も視野の中に入ってきますので、この流れに私は大変期待を持っています。
Holisticとは、身体性(からだ:Body)、精神性(こころ:Mind)、霊性(いのち:spirits)の3つをみなければいけません。“場”のエネルギーを命といいます。“場”(Field)とSoul & Spiritsが脳に伝わりMindを上げていくのです。

<西洋医学と代替療法>

 西洋医学           代替療法
Body              Mind・Spirits
身体/細胞系            エネルギー場
病因論              健康生成論
治し              癒し
治った、治らないの二極性  一歩前進
エビデンス          エビデンスと直観
エネルギー的側面      エントロピー的側面
主客分離          主客非分離

このように、西洋医学と代替療法では異なりますので、同じ土俵で論ずること自体に無理があるように思います。

医療とは、“場”(Field)と“戦略”(strategy)だと、最近考えるようになりました。いかに医療の“場”を高めるか、様々な方法をいかに組み合わせて戦略的治療法を組み立てるか、ということが鍵になります。ご自身の体験を書いた書籍『がんに効く生活』の「病気との闘いは、人間の内なる熱い冒険である」(ダヴィッド・S・シュレベール)という言葉は、私の好きな言葉です。冒険はリスクを伴いますが、その中で努力して乗り切ることが大切です。医療者と治療者が一体となることも必要です。

「今日の治療が何かむなしく思える今日この頃です」(患者さん)いろいろ抗ガン剤を試しても効果がなかった時にこのように感じたそうです。患者さんがむなしく思うような医療を行っているようではいけません。「患者さんも代替療法の治療者も西洋医学の人たちも、それぞれ孤立している」(田口ランディ)このように、それぞれの繋がりがないと、“場”もできません。“場”ができないと、“場”の自然治癒力が出てきません。

「人間にとっての究極の場 それは浄土」帯津良一
「人間は“場”の中の存在 いまここが浄土である」帯津良一
「浄土とは 本願の“場”である」本多弘之

自然治癒力とは、本来的に“場”に備わった能力である。“場”の存在は、そこに自然治癒力が存在する。環境の中に探さなければならない。自然治癒力は人間の独占物ではなく、無生物、無機物にも存在します。どの“場”にも自然治癒力が存在し、また、どの“場”にも本願が存在する、つまり、自然治癒力とは、実は、本願だと思うようになりました。

「哀しみは人の中に必ずなくてはならない聖火なのだ。その聖火によって人間は救われ癒されるのだ」(藤原新也)人間はみな、哀しみを抱いて生きています。哀しみを敬いあって生きていくもの。この哀しみに人を癒す力がある。なぜなら、己の心を犠牲にして、他者への深い想いがこの哀しみの中に存在する。と、藤原新也さんは言っています。自然治癒力とは 人の哀しみである。自然治癒力とは あるときは本願、あるときは哀しみ となります。これはいずれ繋がるでしょう。そして、本願と哀しみは、慈悲ともいいかえることができます。

「祈りに満ちた心 万物と一体となる」(ラリー・ドッシー)
「何も願わない 手を合わせる」(藤原新也)

「戦略と戦術」とは、カール・フォン クラウゼヴィッツが「戦争論」の中に書いた言葉です。戦略とは、戦術を統合するものです。これは風林火山「疾きこと風の如く、静かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し」に通じます。がんを克服するには、徹底的にたたく方法と、共存する方法がありますが、どちらかではなく、どちらも重要な方法です。病を克服するには、ホメオパシー、代替医療、東洋医学、西洋医学を基本に、気功と食事を補い、それを心で支えることが重要です。

“場”を高める、つまり当事者のエネルギーを高めるには、志と覚悟で決まると思います。帯津三敬病院の理念は、「今日より良い明日を」です。

統合とは、積分のことで、西洋医学と東洋医学を一旦解体し、新しい体系を目指すくらいの思い切った考えが必要です。医師と患者の統合があってはじめて本当の統合といえるのです。「医療危機、それはまた、私たち一人一人にとって、「死生観」に想いを巡らす大チャンス」(桜井よし子)

生と死の統合が行われてはじめてホリスティック医学です。生と死の統合は、生きているときにできるのが良い。私も、生と死の統合に向かっていきたいと考えています。

[文責:UROLOGIST編集部]


サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ